シングルマザーで塾経営を始めた理由

何かビジネスを始めなきゃと考えてた頃は、39歳シングルマザーで小学6年生の子供が1人いました。

 

 

その頃は娘と2人でアパート暮らし。保育士(正職員)として働いていましたが、生活費はギリギリで、貯金をする余裕はまったくありませんでした。

 

私ももうすぐ40歳。

 

これから娘の教育費もかかるだろうし、60歳で定年退職した後は、貯金も家もなく...

 

老後は闇の中でした。

 

 

そこで自分で何ができるか考えました。

 

 

子供は大好き(*´∀`*)

保育園経営?

 

しかし、保育園は本やネットで調べましたが、建物や土地など制約がたくさんあり、何よりも1人ではできないので、誰かを雇うことが...。

 

自分1人の収入さえどうなるか不安なのに、誰かを雇うのはやっぱり怖い。

 

そこで、そろばん塾を思いつきました。

そろばん、暗算1級持ってる(*´∀`*)し、1人でできる。

 

だけど、1人月4000円〜5000円の授業料が相場で、20人集まったとして.....月.8万〜10万円の収入かあ。

 

 

無理だなあ〜。昼間保育園のパートしたって今より生活きつくなるーー

 

 

ダメじゃん。

 

 

 

...でも待てよ。

 

 

英語も教えてみるとどうなる?

 

英会話じゃなくて、英検なら。

そろばんと同じ値段で10人集まれば(*´∀`*)

 

 

あと、父が書道を教えてるから一緒にやればいいか?

 

 

 

そろばん、英検、習字の3つやれば暮らしていけるかも(*´∀`*)

 

 

という具合で大まかな方向性が決まりました。

 

そろばん、英検、習字の塾を午後4時から開けて、当面は保育園で午前中パートでがんばる。

 

まずは目標は60人。60人集まればどうにか塾だけで生活できるかなと思いました。

 

 

そこに先日のブログに書いた中学生の学習塾も追加され、寺子屋塾スタートするのです。