読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日のonline 英会話で自宅留学(*´∀`*)

Online 英会話なら、自宅で毎日英会話をマンツーマンで習えます。もう海外にも駅前にも行かずに自宅留学⁈の時代ですね。

 

私が思うonline 英会話のメリットは、

 

1.自宅で好きな時間(24時間いつでも)にマンツーマンレッスンができる、

2.毎日レッスン受けても月5000円くらい、

3.1日25分なので集中力が続く、

4.レッスン15分前までなら予約できる、

5.ネット上のたくさんあるテキストから自分で選んで使うので、沈黙など気まずい感じはない、

6.世界中の国の先生と毎日出会える(*´∀`*)

 

 

など、書ききれないほどメリットがあります。

 

私は、 もう2年間続けてます(*´∀`*)

 

 

 

 

 

私の場合は、平日は午後4時から10時まで仕事なので、

 

夜10時に仕事を終えると、リビングでひと休みする前に毎日必ずDMM英会話のレッスンをスマホから予約します。

 

だいたい夜11時のレッスンを予約しますが、その時の気分や、やらなきゃならないことの都合により、夜中12時とかその後になることも多々あります。(夜型の私には最高ですが、朝型の方は朝出勤前などにやっているみたいです)

 

レッスン時間になると、パソコンやスマホでonline 英会話スタートです。

 

挨拶と自己紹介をして(毎日違う先生にしてるので)から、ネット上のテキストを使ってレッスンを進めていきます。

 

生徒からの評価システムもあるので、先生は熱心です。よく褒めてくれます(*´∀`*)

 

 1つのテキストが終わる頃はもう終了時間(*´∀`*)あっと言う間です。

 

1日たった25分で続ければ、英語力が格段に上がります。

 

 

 

子供も大人も、小学校や中学校、高校、大学の先生たちも(英語の先生だけじゃなく)みーんなonline 英会話をはじめれば(*´∀`*)

 

 塾に通わずに(私も英語の塾やってはいますが)自宅で英会話力がついて、

 

 

近い将来、日本の学校の英語教育が世界一と言われる日が来るかもー(*´∀`*)

 

と思うほど、online 英会話にハマってます

 

 

 

 

 

 

実家とお別れしました

昨年父が他界し、実家には誰も住んでいなかったのですが、親戚の助けも借りて片付けて、ずっと売りに出していました。

 

小学校6年生の時に、市営アパートから引越ししておよそ30年お世話になりました。平屋で、いつも家族が近くに感じられるとても住みやすい家でした。

 

ご近所の方々にも、母亡き後の父を気にかけてくださったりと本当に感謝の気持ちで一杯です。 

 

 

たくさんの物を処分しました。洋服、着物、みんなで食事したダイニングテーブル、母の趣味だった大量の布や毛糸、父の何千冊もの本、ビデオ、CDなどなど。

 

 

 

たくさん思い出はありますが、仕方ないこと。思い出は全て胸の中にです。

 

 

私の玄関前の収納を開けると、男物の傘が1本あります。父が私の家に来たとき、忘れていったものです。

 

 

あんなに色んな物が捨てられたのに、この傘は捨てられないんだなあ〜。

使わないのにねぇ。

 

 

 

不思議です。

 

 

 

この傘を返せる日までは、こちらの世界でがんばるしかないな、ですね(*´∀`*)

 

 

 

 

住みやすい町(*´∀`*)

私が住んでいる大みかという町は、何かの本で、日本一住みやすい町と紹介されたそうです。

 

これは、今は亡き父から聞いたことです。

 

 

何の本だったか聞いておけば良かったなあ

(*´∀`*)

 

大みかは、

 

きれいな海と、和ろうそくをイメージしてデザインされた白亜の灯台がとても美しい景色を創り出しています。

 

 

海沿いは高い崖になっているので地震による津波にも比較的安心な気がします。

 

 

幼稚園から大学まであり、

 

病院は、総合病院、外科、内科、小児科、眼科、耳鼻科に歯医者などほぼ全て間に合います。

 

コンビニはもちろん、ドラッグストアやスーパーも歩いてすぐ。

 

 

しかも東京から電車1本。

 

 

確かに、私も大阪に行ったりメキシコに住んだりと、引越してばかりの20代を過ごしましたが、大みかに住み始めてもう10年です。

 

やっぱり住みやすい町だから住み続けているのでしょうね。

 

 

娘がこの前、「私は今までずっと幸せだから、これから何か悪いことがあるに違いない」

 

と不安そうに言っていました(*´∀`*)

 

可愛がってくれていたばあちゃんが死んで、一年前にじいちゃんも死んで、母とよくケンカしたり怒られたりしても幸せ?

 

恐るべし、大みかパワー(*´∀`*)

 

人を幸せと感じさせてくれるのかな?

 

(または娘が脳天気過ぎるだけか(⃔ *`꒳´ * )⃕↝) 

 

もし本当に日本一住みやすい町なら、もしかして世界一、いや宇宙一住みやすい町かも❓

 

 

なんて夜中にバカな妄想してます(*´∀`*)

 

 

 

 

娘が美術系の高校に行くと言いだした

中3の娘が家から片道2時間かかる美術系の高校に行くと言い出した。

 

 

娘の夢はアニメに関することやいろいろ?なデザインをすること。

 

好きなことをやったらいいと頭では分かってる。

 

 

しかし、高校は近くの普通科に行って高校卒業後に芸術大学やら専門学校に行けばいいんじゃないの?と思ってしまう。

 

だいたい行きたいと言っている高校は、なかなか偏差値が低いぞ…

大丈夫か?

 

 

 

まずはご夫婦で教育関係者の仕事をしてるママ友に相談。

 

しかし、市外のことであるため、全く知らず、高校じゃなく専門学校だと勘違いしたようで、中卒だとこれから大変だぞなどとアドバイス?頂く。

 

いやいや高校で、美術に力を入れていて、最近は、コンピュータグラフィックなどもやってるところです。心配なのはかなり偏差値が低いようで。と私が不安を伝えると、

 

知的障がいで、美術に才能のある人が行くんじゃないかと言われ・・・。あーー、ダメだ、不安MAX。

 

 

 

 

それからは、色々な人に電話しました。相談にのってくれた方々本当にありがとうございました。

 

 

美術科のあるその高校で働いていた先生、現役のプログラマーの方々、県の教育委員会の方などなど。 

 

結果、やっと落ち着きました。

 

県の教育委員会と元そこの高校の先生よると、平成24年に美術は現在は手描きよりパソコンを使って 描くのが主流なので、メディア芸術科を新たに創設したとのこと。コンピュータグラフィック、映像、写真などを学ぶ場を提供することにし、パソコン、ソフト、カメラなどプロの方々が実際に使っているものを1人一台ずつ使えるので、目的意識を持って通うことはとてもオススメだそうです。

 

現役プログラマーの方も、そこの高校は、現場で実際に使える内容なので、高校で学べるなら学んだ方がいいとアドバイスされました。

 

決めたーーーー

 

やっぱり娘がやりたいことを応援します。

 

 

ま、当たり前のことですが。これがなかなかね〜。

 

親になって14年8ヶ月。

 

まだまだ学ぶことあります(*´∀`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日来ていい寺子屋塾

2014年4月からスタートした寺子屋塾(そろばん、英検、習字、学習塾)。

 

 

2016年8月現在約90名のお子様が来てくれています。

 

 

2014年の12月からは午前中のパートも辞めて、塾に専念することができました。

 

 

 

保育園で働いていた頃の教え子もたくさん来てくれています。

 

月〜金まで

16:00から17:00 そろばん

17:00から18:00 英検

18:00から19:00 そろばん

19:00から20:00 英検

20:00から22:00 中学生5教科

 

土曜

16:00から18:00 習字

 

 

先生は基本私1人。生徒は習字以外は月〜金までいつ来ても何回来ても同じ料金(*´∀`*)にしてます。

 

 

最大でも1クラス15人くらいですが、最少で1人ってことも。

 

 

いつ来てもいい、週に何回来ても(*´∀`*)というところが気に入ってもらえたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シングルマザーで塾経営を始めた理由

何かビジネスを始めなきゃと考えてた頃は、39歳シングルマザーで小学6年生の子供が1人いました。

 

 

その頃は娘と2人でアパート暮らし。保育士(正職員)として働いていましたが、生活費はギリギリで、貯金をする余裕はまったくありませんでした。

 

私ももうすぐ40歳。

 

これから娘の教育費もかかるだろうし、60歳で定年退職した後は、貯金も家もなく...

 

老後は闇の中でした。

 

 

そこで自分で何ができるか考えました。

 

 

子供は大好き(*´∀`*)

保育園経営?

 

しかし、保育園は本やネットで調べましたが、建物や土地など制約がたくさんあり、何よりも1人ではできないので、誰かを雇うことが...。

 

自分1人の収入さえどうなるか不安なのに、誰かを雇うのはやっぱり怖い。

 

そこで、そろばん塾を思いつきました。

そろばん、暗算1級持ってる(*´∀`*)し、1人でできる。

 

だけど、1人月4000円〜5000円の授業料が相場で、20人集まったとして.....月.8万〜10万円の収入かあ。

 

 

無理だなあ〜。昼間保育園のパートしたって今より生活きつくなるーー

 

 

ダメじゃん。

 

 

 

...でも待てよ。

 

 

英語も教えてみるとどうなる?

 

英会話じゃなくて、英検なら。

そろばんと同じ値段で10人集まれば(*´∀`*)

 

 

あと、父が書道を教えてるから一緒にやればいいか?

 

 

 

そろばん、英検、習字の3つやれば暮らしていけるかも(*´∀`*)

 

 

という具合で大まかな方向性が決まりました。

 

そろばん、英検、習字の塾を午後4時から開けて、当面は保育園で午前中パートでがんばる。

 

まずは目標は60人。60人集まればどうにか塾だけで生活できるかなと思いました。

 

 

そこに先日のブログに書いた中学生の学習塾も追加され、寺子屋塾スタートするのです。

 

 

 

 

 

塾で学校の毎日の宿題とワークを進めて欲しい

もともと頼まれるとノーとは言えない性格。  

 

 

「塾で、中学生の学校の宿題とワークを進めてくれませんか?」

 

 

 

突然、娘と同じ小学校に通う男子の母親が突然私の家を訪ねて来て言った言葉です。

 

 

「え?私がですか?」

 

 

私は小学生向けの「英語、そろばん、習字」の3つができる塾を開こうとしていたので、なぜ私が中学生を?と驚きました。

 

 

そのお母さんによると、中学生は本当に忙しいらしい。

 

 

 

朝から部活の朝練、授業が終わればまた部活。家に帰るのは夜7時すぎで、ヘトヘト。夕飯食べてお風呂入ってテレビ見てると親に宿題やれと言われるが、朝早く起きてやると言ってやり過ごす。そして、朝起きられずに宿題はやらずに学校へ。

 

 

もちろんワークを進める余裕などない。テスト前はワークの提出があるので、徹夜で家族を巻き込んでワークを終わらせる...

 

 

「お姉ちゃんのときもテスト前大変だったんですよ」

 

 

 

「毎日1時間、宿題とワークをやらせてくれたら助かるんです。」

 

 

「…   」

 

 

「わかりました。8時からなら...」

 

 

(やっぱり断れず)

 

 

これが寺子屋塾のスタートです。